フランス紀行:コート・ダジュールとプロヴァンスの旅

2019/10/21

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 229 3年前に母が倒れあっけなく他界してから、初めてのバケーションらしいバケーションとなりました。今月は、4つの話題を通して旅のご紹介といたしましょう。 <ニースとその周辺> 旅の行き先は、フランスの南端。地中海に面した暖かい地方です。 首都パリから飛行機を乗り継ぎ、まずは海辺のニースへ。そこから山奥の世界遺産ムスティエ・サン・マリー(写真)を訪れたあとは、西に向かってアヴィニョンとエクス・アン・プロヴァンスに足を伸ばし、最後はパリからアメリカに戻るという二週間の旅でした。 青い海の「コート・ダジュール」と、ワインや香り高いラヴェンダーで有名な「プロヴァンス」の旅と言えば、かっこよ...

続きを読む

植物由来の肉:知名度は上がっても・・・

2019/09/20

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 228 4月号でも取り上げた、豆類でつくったお肉の話題。今月は、その後の展開をご紹介いたしましょう。 <アメフトファンに向けた「肉なし肉」のCM> 9月に入ると、ホッとしますね。お天気が良くなることもありますが、なんといっても、アメリカンフットボールのシーズンが始まりますので。 昨年は、サンフランシスコ49ers(フォーティーナイナーズ)期待の司令塔、QB(クウォーターバック)のジミー・ガロポロ選手がヒザの大怪我でシーズンを棒に振り、チームの成績もボロボロ。 「ジミーG」の愛称で親しまれるガロポロもようやく怪我から立ち直り、今年こそは! と、ファンの期待はつのります。 シーズン第一試...

続きを読む

夏の一冊:『出口のない海』

2019/08/15

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 227 日本では知られた一冊だと思いますが、遅まきながらこの夏、心に残った本がありました。今月は、小説のご紹介といたしましょう。 <命と向き合う秀作> この夏、偶然に本屋で見つけた本。それは、横山秀夫氏の『出口のない海』(講談社文庫)。 1996年に刊行された同名小説を全面改稿し、2004年に出版された単行本の文庫版です。 それまでお名前すら存じ上げなかった横山氏をテレビのインタビューで見かけて、新聞記者を経て小説家に転じた経歴を知り、氏の作品をぜひ読んでみたいと幸運にも本屋で出会った作品です。 舞台は、太平洋戦争でアメリカと戦っていた頃の日本。甲子園の優勝投手が六大学野球チームで怪...

続きを読む

アメリカの投票:カリフォルニアの場合

2019/07/14

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 226 間もなく日本では参院選もあることですし、今月は、アメリカの投票の様子、とくにカリフォルニアのお話をいたしましょう。 <新しい投票方式> ごく最近、カリフォルニア州では投票の方法が新しくなりました。でも、「新しい方式」といっても、インターネットを使った投票ではありません。 残念ながらアメリカでは、国政選挙や州選挙をインターネットで行なっている州は限られていて、行なっているとしても「在外投票のみ」と条件付きの場合がほとんどです。 さまざまな障害があって、いまだ「ネット投票は一般化できない」というのが現状でしょうか。 それで、何が「新しい」のかといえば、カ...

続きを読む

アメリカの個人年金制度:401(k)ってなに?

2019/06/29

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 225 将来への不安は、誰もが抱くもの。中でも「お金」は大きな不安材料ですので、今月は、個人年金制度の話題を取り上げましょう。 <アメリカの401(k)って?> 先日、日本では大騒ぎとなりましたね。「人生100年時代を考えると、老後を生き抜くためには最低2000万から3000万円の貯蓄が必要である」と、金融庁が明らかにした人騒がせな調査結果。 突然そんなことを言われても、今まで国の年金しか頭になかった人々にとっては、寝耳に水の警告なのかもしれません。 いえ、アメリカでも「引退するには20万ドル(約2200万円)は必要なんだよ」と言われます。が、平均的には、貯蓄は目標の半分に満たないの...

続きを読む

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
無料トライアル