カリフォルニアのケース:州知事のリーダーシップ

2020/04/20

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 235 カリフォルニア州では自宅待機生活も5週間と、新しい暮らしのリズムにも少しずつ順応してきたところです。今月は、州の対策を中心にカリフォルニアの近況をお伝えいたしましょう。 <州政府の迅速な対応> 先月号では、すでに3月17日にはサンフランシスコ郡や「シリコンバレー」と称されるサンタクララ郡で自宅待機命令(Shelter-in-Place order)が出され、2日後には州全体にも待機命令(Stay-at-Home order)が発動されたことをお伝えしておりました。 基本的には、買い出しとお散歩に出る以外は、家から外出してはいけない、との命令です。街中ではス...

続きを読む

自宅待機:その展開に目がまわる!

2020/03/20

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 234 先月に引き続き、今月も新型コロナウイルスに関する話題です。刻々と変化するカリフォルニアの状況をご紹介いたしましょう。 <シェルター・イン・プレイスってなに?> いやはや、日本に遅れて、アメリカでも新型コロナウイルスの蔓延が懸念される日々となりました。中国からアジア、ヨーロッパ諸国と感染が広まる様子を見てきたアメリカですので、少しは人々の心にも「警戒心」というものがあったのか? と問われれば、いや、そうでもなかった、というのが答えでしょうか。 2月号でもご紹介したように、2月末からちらほらと感染者が出てきたサンフランシスコ・ベイエリアですが、...

続きを読む

この如月:世界に広がる不安

2020/02/28

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 233 今月は、この話題です。 <対策のマニュアル化> なんといっても、今の最大の関心事は新型コロナウイルス(the novel coronavirus)でしょうか。「COVID-19」とカッコよく名づけられていますが、ウイルスは目に見えないし、どこでどうやってヒトからヒトにうつったのかもわかない、しかも感染は世界じゅうに急速に広がっているという、人類の手強い敵です。 日本は発生国・中国に地理的に近いので、当然のことながらアメリカよりも感染が進み、日常生活への影響が大きいです。状況は刻々と変化する中、さまざまな報道に接してみて痛感するのは、政府による対応の違いでし...

続きを読む

新年号:サンフランシスコは 49ersで大騒ぎ

2020/01/26

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 232 新年早々、アメリカでは大統領の弾劾裁判が始まり、中国ではコロナウイルスが猛威を振るい、なにかと騒がしい世の中です。が、今月は、のんびりと車とスポーツのお話をいたしましょう。 <第1話:テスラはアップル「Siri」とお友達> たいしたお話ではありませんが、電気自動車テスラ(Tesla)の話題です。なんでも、アップル iPhoneの音声コマンド機能「Siri」を使うと、テスラ車に向かって指示が出せるとか。 これは2年前(2017年11月)から地味に存在する機能だそうで、「ドアをロックして」とか「トランクを開けて」とSiriに話しかけることで、駐車するテスラに向かって指示が出せるの...

続きを読む

年末号:住宅難と計画停電、植物由来の肉も話題でした

2019/12/27

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 231 今年も、いよいよ終わりに近づきました。年末号は2019年を振り返って、印象に残るカリフォルニアの話題3つをお届けいたしましょう。 <第1話:冬の風物詩「マンホール」と「ナビゲーションセンター」> 12月中旬、三週間の日本滞在から戻りサンフランシスコの街をお散歩していると、ふと、この街に初めてやって来た時のことを思い出しました。 もう40年(!)も昔の話になるのですが、夕陽が色づく頃、街の西側にあるオーシャンビーチという海岸線に連れて行ってもらいました。ここは太平洋に沈む夕日を臨む絶好のポイントで、海に落ち行く大きな太陽を見ながら「この先は、日本なんだなぁ」と感傷的になっている...

続きを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
無料トライアル