税金のシーズン:サラリーマンも確定申告!

2019/03/25

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 222 「この世で確かなのは、死と税金のみである(In this world nothing is certain except death and taxes)」と、アメリカ建国の父ベンジャミン・フランクリンは手紙で書いています。この名言を噛みしめるアメリカ人が増えるのが、3月から4月中旬にかけて。 今月号では、税金にまつわる話題を取り上げましょう。 <面倒くさいアメリカの確定申告> 先日ワシントンポスト紙を読んでいて、驚いたことがありました。 2015年度に米国税庁に確定申告をしなかった人は120万人もおり、国から彼らへの還付金14億ドル(約1500億円)がそのままになっている、...

続きを読む

食料生産の次の一手:お肉は培養しましょう!

2019/02/27

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 221 2月といえば、豆まきの豆や恵方巻、バレンタインデーのチョコと食べ物を思い浮かべます。そんな今月は、食料生産にスポットを当ててみましょう。話題は変わって、第2話には、火星探査も続きます。 <第1話:ちゃんと食べてる?> 食べ物といえば、ハンバーガーやピザを思い起こすアメリカ。そんなジャンクフード王国には、こんなエピソードがあるのです。 毎年2月になると、スポーツ最大のイベント「スーパーボウル」が開かれます。アメリカンフットボール・リーグ(NFL)のチャンピオンを決める試合ですが、白熱するゲームもさることながら、試合中に流れるテレビコマーシャルも例年の話題となっています。翌月曜日...

続きを読む

年末号:カリフォルニアの災害、お葬式、高専ロボコン

2018/12/28

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 220 2018年も終わりに近づきました。今月は、一年を振り返って、アメリカと日本の話題を4つピックアップいたしましょう。 <カリフォルニアの災害> 日本では、「災」が今年の漢字となったそうですが、カリフォルニアでも災害の多い年でした。 とくに、先月8日に北カリフォルニア(ビュート郡)で起きた山火事は、州史上最悪の山火事となり、同25日ようやく鎮火したものの、焼失面積や人命ともに甚大な被害をもたらしました。 この山火事が起こった時、わたしは日本に滞在していたのですが、現地の人が「とにかく広がり方が異常だ」と言っていたように、アメリカンフットボール・フィールド大をたった...

続きを読む

マッドマックス:自動運転に近づいたテスラ

2018/11/30

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 219 車がないと、生きていけないアメリカ。今月は、ドライバーをアシストする電気自動車の新機能と、近頃シリコンバレーで見かける自動運転技術のテスト車両のお話をいたしましょう。 <マッドマックスで車を追い越せ!> 10月最終週、電気自動車で有名なテスラ(Tesla, Inc.,本社:シリコンバレー パロアルト)は、アメリカ国内で新機能をリリースしました。名付けて、「ナビゲート・オン・オートパイロット(Navigate on Autopilot)」。 2016年2月にリリースされた走行補助機能「オートパイロット」をさらにパワーアップしたものです。 従来のオートパイロット機能は、自動的に速...

続きを読む

市民の「足」になれるかな?:スクーター再開の日

2018/10/30

カテゴリー:Silicon Valley Now

Vol. 218 一度はサンフランシスコの街から姿を消した、電動スクーターのシェアサービス。先日、新たに市から認められた2社が営業を再開しています。今月は、そんなお騒がせなシェアサービスのお話をいたしましょう。 <スクーターが消えた日> 今年4月号でもお伝えしましたが、近頃アメリカの都市部では、新しい「足」が大流行しています。それは、貸し自転車に代わる、電動スクーター(electric scooter、e-scooter)のシェアサービス。スマートフォンアプリを使って、どこでも好きな場所で乗り降りができる、便利なサービスです。 車に乗るまでもない、でも歩くのにはちょっと遠い...

続きを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
無料トライアル