モノをインターネットに接続し、データ収集をしたり操作をしたりするときには、それがどの「モノ」なのか、サーバ側でも識別して管理する必要があります。

 

これは、モバイルアプリにおける「ユーザ管理」とほぼ同じです。面倒な認証や識別のしくみはクラウドサービスを利用することで、お客様は本来注力すべき「モノ」側の開発に集中することができます。

リファレンスガイド
ページのトップへ
無料トライアル