テキストデータも、ファイルデータも、クラウドでの管理はKii Cloudにおまかせください。Kii Cloudはデータ管理向けストレージとしての2つのソリューションを提供しています。*1GBまで無料

バックエンドにはSLA99.5%のAWSを利用。APN テクノロジーパートナーのKiiはAWSの最適化を進め、スケーラブルで安全な利用環境を提供しています。

Object Storage

RDBの柔軟性に不満はありませんか?Kii CloudのObject Storageは任意の Key-Value により構成されるJSON オブジェクトのストレージです。アプリケーションの用途に合わせ、自由なフォーマットの JSON オブジェクトを取り扱うことができます。

File Storage

画像や動画など、各種ファイルを取り扱うためのストレージです。アップロードやダウンロードといった基本的な機能に加え、URLによるファイル公開機能や削除ファイルを一時的に保持するゴミ箱機能などをサポートしています。

Kii Cloudのデータ管理を利用することで、サーバサイドの開発の工数削減のみならず、サーバの準備や負荷対策に悩まされることはありません。

主な利用シーン

データの保存

  • アプリで生成したファイルを一定期間ごとにバックアップ
  • 保存したデータを動的に変更
リファレンス

データの整理

  • アプリ、グループ、ユーザーごとのハイスコアランキング
  • 管理者権限でのデータ変更
  • 「スコア」「ユーザーファイル」などの複数のユニットでデータを管理
リファレンス

共有と同期

  • 写真などデータのほかのユーザーとの共有
  • 複数デバイス間でのデータの共有
  • 1つのプロジェクトを複数の開発者かつ異なる権限で運用
リファレンス

データの検索

  • SQLライクな検索
  • ページごとに分割された検索結果を取得
  • ユーザーデータのトラッキング
  • 検索結果を特定の条件によってソート
リファレンス
ページのトップへ
無料トライアル