Kii、ハンブルグ港湾局(HPA)とIoTを用いて大気汚染 削減のパイロットプロジェクトを実施

2016年12月06日

〜複数地点の局所的大気汚染及び汚染源の測定をIoTで実現〜

Kii株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:鈴木尚志 以下、Kii)は、Hamburg Port Autiority(ハンブルグ港湾局、以下HPA)と協力して、大気汚染削減のパイロットプロジェクトを実施した事を発表致します。

局所的な大気汚染が課題となっていたハンブルグ港において、港湾局とKiiが2016年3月よりIoTクラウドプラットフォームを用いたパイロットプロジェクトを実施し、汚染の測定と汚染源となっている船の特定が可能であることを示しました。

ハンブルグ港では局所的な大気汚染が課題となっていました。

ハンブルグ港は、「港」とは言っても最寄りの海である北海からは100kmも内陸にあり、エルベ川に面した河川の港湾です。海の港湾と違って港が市街地の真ん中にあり、しかも国際港湾であるために世界各国の船が出入りし効果的な排気規制ができないため、水面近くの陸地の大気汚染が課題となっています。船による大気汚染は局地的に起こり、多数のセンサーを多地点に設置する必要がありますが、有線接続や専用システムを前提としたこれまでのやり方ではコストがあわず、モニタリングは実現できていませんでした。

kii_hpa_project

ハンブルグ港湾地図 出典:Wikipedia Commons

kii_hpa_project

ハンブルグ港

 IoTとクラウドを組み合わせれば、初めて実現可能なコストで実施できる可能性があり、かつ細い水路が内陸部にあるという港湾の地理的特性から、大気汚染発生の時刻と場所から汚染源である船も特定できる可能性があります。既存の船舶用の位置情報システムではすべての船の位置情報を詳細に記録できないため、実際にはリアルタイムに監視することが重要ですが、IoTでこれも実現できる可能性があり、これらのことを実証するため、パイロットプログラムが行われました。

汚染の測定と汚染源の特定が可能になりました。

2016年3月にHPAは二酸化硫黄、二酸化窒素とPMをハンブルグ港のさまざまな地点でセンサーを用いて記録することを目的としてIoTパイロットプロジェクトを始めました。プロジェクトの技術支援はIoTの専門企業であるKiiが行い、大気汚染監視装置のメーカーであるAQMeshも協力しました。

汚染の測定値は3ヶ月以上の期間、KiiのIoT クラウドプラットフォームによって一箇所に集められ、分析しやすい形にまとめられました。HPAが港湾の中の複数の地点での大気汚染を分析することや、様々な環境センサーの機能を試すことが可能になり、結果として、接岸中のクルーズ船に地上から電力を供給するなどの多数の対応策が考案されました。大気汚染を測定するだけでなく汚染減を特定することによって、ハンブルグ港の大気汚染を軽減する新たな方法が考案され、それを試すことが可能になりました。

このプロジェクトは様々なセンサー、装置及び分析を要するものであったため、HPAは、IoTプラットフォームを提供し、ソリューションの実行を支援できる企業であるKiiとともにプロジェクトを始め、屋外用大気汚染測定センサーとしてAQMeshの無線・電池式のものを用いました。

さらなる分析のための環境整備を行いました。

このパイロットプロジェクトにおいて、センサーは港湾の中のまず3箇所の異なった地点に設置されました。センサーは二酸化窒素、二酸化硫黄、PMの排出を検出すると共に、温度、気圧、湿度のデータも記録し、すべての記録されたセンサーデータは、センサーに無線接続されたgatewayを通じてKiiのIoTクラウドプラットフォームに送られました。プラットフォームを用いて、結果はわかりやすいwebのダッシュボードに表示され、HPAの従業員がAPI ※1を用いて分析できるようになりました。

kii_hpa_project

環境センサーからの値をリアルタイムで表示

HPAのIT戦略部長、Ulrich Baldaufは次のように語っています。「このIoTパイロットプロジェクトは我々にとって大きな成功だった。我々は、大気汚染に関する数多くの指標、すなわちPM2.5やPM10、時には大気の100億分の1の量しかない二酸化窒素でさえも、測定することができた。Kiiのプラットフォームは様々なデータを統一的な方式で集め、分析しやすい形にまとめてくれた。」

KiiのEMEA地区担当General Managerの Martin Tantow による説明は以下のとおりです。

「このIoTパイロットプロジェクトでは、我々は複雑なプロジェクトを迅速に安価に実行可能であることを示しただけでなく、ハンブルグ港での大気汚染のリアルタイム測定の可能性を示すことができました。我々のIoTソリューションで陸路と海路の重要なポイントにおいてセンサーを設置し、リアルタイムでの可視化と分析が可能になりました。ハンブルグでKiiは、港湾や都市がIoTを用いていかに効果的に大気汚染を監視できるかを示すことができたと考えています。」

※1 API Application Programming Interfaceの略語。 あるコンピュータプログラムの機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約や関数、命令の集合

PDF版はこちら

本件のお問い合わせ先

Kii株式会社 プロダクトマーケティング 山下
お問い合わせフォームはこちら

ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

ページのトップへ
無料トライアル