Kiiは、インドで「スマートシティソリューション」の実現に貢献致します。

2016年03月17日

印ハイデラバードでのイベント、「IoT in Smart City」にてキックオフ


Kii株式会社は、IoTクラウドプラットフォームとスマートシティに関する経験を活かして、インドでスマートシティソリューションの実現に貢献する事を発表致します。インドのハイデラバードで2016年3月18日に開催されるイベント、「IoT in Smart City」(於Hotel Sheraton) でこの取り組みを開始致します。このイベントは、政府と産業界の方々をお呼びし、スマートシティ戦略とインドの「100 Smart Cities」構想の実現を助ける方法について議論するもので、Kiiはプラチナスポンサーとしてこのイベントをサポート致します。

この取り組みでは、典型的なスマートシティソリューションの全ての側面において、IoTクラウドプラットフォームを用いて貢献致します。

①スマートシティ用 センサー、デバイス、ゲートウェイ

デバイス・センサーとクラウド間の双方向のデータ・フローとクラウド化を実現するKiiの「デバイスエージェント」を通じて貢献致します。

②スマートシティ用 ミドルウエア

ビッグデータの分析と最適化及び、データ、ユーザ、デバイス管理を提供する、Kii Cloudの基本的な機能を通じて貢献致します。

③ スマートシティ用 アプリ及びサービス

KiiのプラットフォームのAPIとSDKを通じて貢献致します。

インドのスマートシティ構想は幅広く多岐にわたっており、Kiiはこの構想の実行において積極的な役割を担いたいと考えております。

関連記事「スマートシティ - Part 1: 基礎編」

ページのトップへ
無料トライアル