中国モバイルアプリ市場へ、ワンストップ・サポート! Kii株式会社が、「Kii to China」を発表

2013年06月13日

~中国での「課金」「広告」「マーケット登録」「国内サーバー」などをパッケージ化~

Kii株式会社(本社所在地:東京都港区、中国拠点:上海、代表取締役:鈴木 尚志)が、中国スマートフォン市場へアプリ展開をする事業者むけに、中国進出のトータルサービスパッケージ「Kii to China」を発表しました。「Kii to China」は、iOSとAndroidアプリの中国市場へのローカライズ、アプリマーケットへの登録、課金システムなどを提供する、世界で初めてのサービスです。

中国は今年中にスマートフォン利用者が5億人に達すると予測されており、世界で最も大きなAndroid/iOS市場と期待されています。しかし、日本のモバイルアプリ開発者にとっては、言語、ユーザーの習慣、そして中国独特のネットワーク障壁「グレートファイアウォール」など様々な理由により、極めて参入のしにくい市場になっています。

中国には複数のアンドロイド・アプリマーケットが乱立しており、アプリのユーザー獲得方法が日本とは大きく異なります。また、前述の「グレートファイアウォール」に加え、クレジットカード利用の制限、中国独自のソーシャルネットワークなど、中国市場に参入するモバイルアプリ開発者は様々な障壁に直面します。「Kii to China」は、モバイルアプリ開発者が中国市場で成功するために必要なすべての機能を、ワンストップで提供するパッケージサービスです。

【Kii to Chinaの主なサービス内容】

  • 中国市場におけるアプリ課金システムとモバイル広告ネットワークの統合
  • 中国ソーシャルネットワークへのローカライズ
  • 中国で主流のアンドロイド/モバイルキャリア市場への参入手続きの手助け
  • QAの対応、ローカライズ、課金システム、広告、アプリマーケットの試験運用
  • アプリケーション言語のローカライズ
  • 中国の「グレートファイアウォール」内でのKiiクラウド(MBaaS)が提供するサービス
    • アプリ内分析
    • クラウドストレージ
    • ユーザー管理
    • データベース管理

Kii株式会社 代表取締役会長 荒井真成のコメント

「この2年間、弊社はアプリ開発者が中国市場へ参入するための様々なサポートを実施してきました。おかげさまで世界中のアプリ開発者からお問い合わせをいただいております。このパッケージによって中国進出のすべてのステップにおいてリーズナブルに手助けすることができます。アプリ開発者の多くは個人経営に近い小規模の企業です。弊社は、このようなアプリ開発チームをビジネスの軌道に乗せることを目標に活動をしています。」

Kii株式会社 中国担当副社長 ドミニク・ツのコメント

「私は、中国とアジアのモバイル市場で15年以上の現場経験を持ち、中国国内のキーパーソンと深い関係を築いています。我々のチームは、全世界のデベロッパーの中国スマートフォン市場への参入と、中国ビジネスの成長を手助けする準備ができています。」


【KiiによるMBaaS「Kii Cloud 」とは】

Android/iPhoneアプリに特化したスマートフォンアプリ専用クラウド(MBaaS)のKii Cloud は、スマートフォンアプリに必要なサーバー機能をワンストップで提供しており、サーバー開発・メンテナンスの考慮が一切不必要になります。一定のアクセスまでは、無料でご利用頂けます。
◇無料アカウント登録:https://developer.kii.com/jp/signup

ページのトップへ
無料トライアル