関西電力・Intelと共同で行う「家庭向けの宅内IoTプラットフォームの実証実験」に関する記者発表会

2017/04/12

カテゴリー:イベントレポート

intel_iot

intel_iot

4月12日(水)、インテル株式会社主催の「家庭向けの宅内IoTプラットフォームの実証実験」に関する記者発表会に代表取締役社長の鈴木が同席させていただきました。

帝国ホテル本館の「蘭の間 」で行われた記者発表会には、早くから多くの記者の方で埋め尽くされ、会場は熱気であふれました。

今回の実証実験は、関西電力、インテル、Kiiとその他の協力企業が共同で行うものです。関西地区の100家庭に、ゲートウェイと環境センサーが設置され、IoT標準化団体であるOpen Connectivity Foundation (OCF) の仕様に準拠したIoTivityが、日本で初めて宅内ゲートウェイを通じた異種デバイス間の相互運用に使用されます。

関西電力の、電気やガスの料金や使用量をWebやアプリで確認でき、暮らしに役立つ情報・サービスも提供する会員制サービスである「はぴeみるでん」の会員から100家庭が選ばれ、宅内で収集されるデータの保護と匿名化、サービス事業社へのアプリケーション開発環境とAPIの提供や、これらを通じて開発される新しいサービスの検証等が行われます。

その中でKiiは IoT機器からのデータを収集するクラウドプラットフォームをご提供いたします。「はぴeみるでん」や、その他のサービスに接続するのに適したKiiの柔軟性の高いAPIと、開発期間が短期間で済むことが評価されてKiiプラットフォームが採用されました。

Kiiのプラットフォームを他のシステムと連携・協調させて大きな効果を上げることのできる典型的な例であると考えております。

実証実験の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
https://newsroom.intel.co.jp/news-releases/intel-is-making-household-oriented-iot-service-platforms-a-reality/

Kii Cloud

前の記事< | トップへ戻る |

無料トライアル