イベントレポート「国内初!BaaS Meetup!」

2015/08/05

カテゴリー:イベントレポート

2015年8月3日に、国内のBaaSベンダーが一堂に会するイベント「国内初!BaaS Meetup!」が開催され、Kiiからは技術統括の石塚が登壇いたしました。

まず初めに、各社から自社BaaSのご紹介がありました。ここでは、海外展開に注力している事、特に中国にクラウドサーバがあるので Great Firewallの影響を受けない点や、外国人社員も多く世界の拠点でワイワイ開発していること、サーバコードを用いて柔軟なユースケースが可能であることを紹介させて頂きました。

baas_0803_1.jpg

事例としては、コガソフトウエアさまの「釣りの日」でご利用いただいている事や、翔泳社さまの「Unity5オンラインゲーム開発講座」にてKii Cloudを用いたゲーム作成方法が掲載される予定であることをお知らせしました。

その他にも、技術的なプラットフォームのみならず、流通経路を含めたビジネス基盤として、「SPACE」を展開中であることや、バックエンドの活用によってユーザ企業の開発文化に変化が現れたお話をさせて頂きました。「開発がサーバエンジニア主導ではなくてフロントエンジニア主導になった。」「よりフロントエンドに時間をかけるようになり、ローンチ前に何度も修正するようになった。」といったお話はTwitterでも拡散頂け、関心をもって頂けたようでした。

続いて、HTML5Experts.jp編集長 白石氏をモデレーターに、各社が参加するパネルディスカッションが行われました。

baas_0803_2.jpg

各社の特徴のアピールの他、一般的に現状のBaaSの不十分な点や今後の展望について議論されました。お客様由来の処理の重いクエリへの対処など、データストア運営の苦労話が披露され、「自ら(お客様のために)作った便利ツールが自らの首をしめた」「お客様にお話して、よりよいクエリの方法をアドバイスした」との発言があるなど、各社共通の悩みのようでした。

会場の参加者からは「BaaSの定義について改めて教えて欲しい」という質問が出、「IaaS, PaaS, BaaS, SaaSの順でアプリケーション寄りになる」「課金APIもBaaSと呼べるのではないか」といった意見が出、「BaaSという言葉自体あまり使われていないのではないか」という問題提起がなされてディスカッションが終了となりました。

その後の懇親会では活発に交流が行われ、改めてこの分野への関心の高さを感じることができました。

講演資料はこちら

Kii Cloud

前の記事< | トップへ戻る | >次の記事

無料トライアル