Kii、世界初の統合型定温物流マーケットプレイス・モニタリングサービス「Kii Direct」を開始

2019年12月04日

~定温物流利用者にエンドツーエンドの可視性と柔軟な定温物流を、定温物流事業者に新たな収益機会とスマートな運用を提供~

IoT プラットフォームおよびソリューション企業であるKiiは、世界初の統合型定温物流マーケットプレイス・モニタリングサービスである「Kii Direct」の開始を発表しました。

Kii Directは、以下の問題を含む、定温物流業界を悩ませている基本的な問題のいくつかを解決します。

  • (1)組織化されておらず断片化されたサービス供給者市場
  • (2)定温物流の性能に関するエンドツーエンドの可視性の欠如
  • (3)柔軟性のない定温物流
  • (4)効率の悪い定温物流による製品の損傷と廃棄

Kii Directは、定温物流の顧客だけでなく定温物流の事業者のために、統合型定温物流マーケットプレイスと取り替え可能型定温物流モニタリングにより、これらの問題を包括的な方法で解決します。(統合型定温物流マーケットプレイスは組織化されていない市場と柔軟性のない定温物流に関する問題を解決し、取り替え可能型定温物流モニタリングはエンドツーエンドの可視性の欠如と製品の廃棄に関する問題を解決します)

定温物流の顧客は以下の便益を享受できます。

  • (A)市場で適切な事業者を発見し使用して、柔軟な定温物流を作成する機能
  • (B)定温物流運用のエンドツーエンドの詳細な可視性
  • (C)定温物流の運用をさらに改善する事業者取り替え機能および予測機能
  • (D)関与している事業者の数に左右されないシンプルな契約管理

冷蔵倉庫および輸送の事業者は以下の便益を享受できます。

  • (A)組織化されたマーケットプレイスによる市場での存在感と発見可能性の大幅な向上
    (追加的マーケティングコスト無しで実現)
  • (B)追加の収益と顧客
    (追加的販売コスト無しで実現)
  • (C)Kii Readyサービスによる最先端のIoTテクノロジー。Kii Readyは、冷蔵倉庫と輸送のサービス事業者が Kii Directに参加できるように、市場および技術の面で支援する関連サービスです。

KiiのCEO、荒井真成は次のように述べています。
「Kii DirectとKii Readyを発表できることにわくわくしています。定温物流業界を綿密に研究し、直面している重大な問題を理解した後、市場の両側(顧客と事業者)に対して包括的な方法でそれらを解決する使命に乗り出しました。本日、全世界に向けて我々のソリューションを発表できることを大変嬉しく思います。」

Gubba GroupのCEOであるKiran Gubbaは次のように述べています。
「非常に細分化された冷蔵倉庫および輸送の事業者市場を組織化すると同時に、定温物流の顧客のエンドツーエンドの可視性の問題を解決するというKii Directサービスの二重の使命は、今日の業界にとって本当に賞賛され、非常に必要なソリューションです。 早期導入者としてこの取り組みに参加できることに興奮しています。」

ID Fresh FoodsのパートナーであるRajesh AV氏は、次のように述べています。
「定温物流のエンドツーエンドの可視性は、これまで儚い夢でした。 Kii Directはそれを実現すると同時に、定温物流利用者に非常に柔軟な定温物流を作成および管理する機能を提供します。これは至難の技です。Kiiのビジョンは並外れたものであると確信しており、彼らのサービスの早期導入者となることを喜んでいます。」

Kii Directサービスは、ムンバイで開催されるIndia Cold Chain Show 2019で発表されました。 Kii Directは現在、招待制で提供されており、2020年第1四半期に一般提供される予定です。Kiiは、インドをはじめ、世界中でこのサービスを利用可能にすることを意図しており、食品、医薬品、化学および小売部門の定温物流の利用者と供給者をターゲットにしています。

このプレスリリースは、2019年12月4日に英文で発表されたプレスリリースを翻訳したものです。原文はこちらをご覧ください。

本件のお問い合わせ先

Kii株式会社 プロダクトマーケティング 山下
お問い合わせフォームはこちら

ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

ページのトップへ
無料トライアル