Kiiコンソーシアム「IoT支援プログラム」 第1回オープンセミナー

2016年09月12日

前シスコCTO、気鋭のIoTプロデューサーと研究者が語る、IoTビジネス最新動向と事例 から見える新課題とは

1)「IoT 時代の価値共創を目指したモノ・コトづくりへの挑戦最新動向」

一般財団法人 インターネット協会 副理事長
前シスコシステムズ合同会社専務CTO

木下 剛

[講演者プロフィール]
IoT、スマートシティエバンジェリストとして業界活動に幅広く従事中。  元シスコシステムズ 日本法人 最高技術責任者(CTO、専務執行役員、アジア太平洋地域コアテクノロジー事業統括マネージングダイレクターなどを経て、Cisco本社Internet of Everything(IoE)イノベーションセンター 初代日本センター長としてIoTを基軸に日本発のインキュベーション、戦略投資、アライアンス推進に従事する。

[講演要旨]
IoT、ビッグデータ、人工知能等によって、既存産業の変革と新たな産業創出がもたらされる第四次産業革命の時代の到来といわれ、我が国においても「日本の再興戦略2016 - 第四次産業革命に向けて」が発表され、産業界における取り組みが加速しています。本セッションでは、デジタルエコノミー時代の到来におけるオープンイノベーションによる新たなビジネス創出にむけた産業分野におえるIoTプッラトフォームテクノロジーとサービス開発の最新動向についてご紹介します。

2)「IoTプロトタイピングとIoTプロデューサーの重要性」

株式会社CAMI&Co.(キャミーアンドコー) 代表取締役

神谷 雅史

[講演者プロフィール]
KDDI∞ラボの社外アドバイザー
慶應義塾大学環境情報学部 (SFC) 卒業後、同大学院修了(國領二郎研究室)。
IT、マネジメントを専攻。日本ユニシスで「目玉おやじロボットPJ」を立上げ、ロボットやIoTに興味を持つ。アクセンチュア戦略部門を経て、株式会社CAMI&Co.(キャミーアンドコー)を設立。IT、経営、ハードウエア製作の経験から、日本でも稀な「IoT系ものづくりができる経営コンサルティング会社」を標榜している。 アメリカ西海岸に支社を持ち、現地の事情にも精通し、IoTアナリティクス企業やコミュニケーションロボット企業の代理店としてM2M系ビジネス・ロボット系ビジネスも展開している。IoT製作見積もりサイト『esti-make.com』やIoTデザインに特化した『esti-make.com/design/』などのサービスを展開。IoT教育事業(http://iot-school.jp/)、展示会向けIoT製作サービス(http://iot-expo.jp/)もスタート予定(いずれも9月末公開予定)。他、ビッグデータ解析やO2O、AR、VR、業務システム開発など行っている。

[講演要旨]
なぜIoTを成功に導くIoTプロデューサーが少ないのか?それは、技術的な能力のみならず、高度なビジネスマネジメント能力が必要だからだ。IoT製作は、ソフト・ハード開発ともに重要となる。しかし、ものづくりはソフトと違いプロトタイピングの段階から高度なマネジメント能力が必要となる。ハード製造は後戻りがきかないため、リスクが高いにもかかわらず、量産を見据えた全体的な戦略が必要で、 ネットワークやアプリやファームウエアやクラウドやプラットフォームなどを考慮しながら、コストを意識した設計が必須だからだ。さらに、ハードエンジニアのマネジメントは難しく、手戻りコストが非常に大きいため慎重な人材マネジメントも必要となる。今回はIoT製作の中でも、ハードウエアのプロトタイピングを事例に、プロデューサーの重要性とプロデューサーに求められる能力を紹介していく。

3)「IoT活用と価値の創造」

情報未来創研 代表(東京大学 先端科学技術研究センター 特任教授)

稲田 修一

[講演者プロフィール]
1979年、九州大学大学院修士課程修了(情報工学専攻)、1984年、米国コロラド大学大学院修士課程修了(経済学専攻)。総務省にて近畿総合通信局長、大臣官房審議官等を歴任し、モバイル、セキュリティ、情報流通など情報通信分野の政策立案や技術開発・標準化業務に従事。2012年に東京大学先端科学技術研究センター特任教授に就任し、IoT/データ活用によるビジネス革新や価値創造について研究。2015年からコンサルティング業務を開始。2016年に一般社団法人情報通信技術委員会事務局長に就任。総務省情報通信審議会専門委員、科学技術振興機構「さきがけ」領域アドバイザー、長崎県異業種交流会アドバイザーなどとしても活動。

[講演要旨]
IoT活用戦略の優劣が、ビジネスの発展に直結する時代になっています。講演では、事例をベースに価値発見に必要な発想法と成功に向けた仕組みづくりについて議論します。

4)「IoT支援プログラム」参加企業によるライトニングトーク

プログラム参加各社より、ダウンロード資料に記載されている製品、サービスのご説明を頂きます。

5)パネルディスカッション 「IoTビジネス、IoT開発の新課題について」

上記のお三方のほか、Kiiコンソーシアム関係者も含めIoTビジネスにおける今後の課題と解決策について議論いただきます。

開催概要
日時 開催場所 参加費 定員
2016年10月04日
(15:00〜17:00 終了予定)
DNP五反田ビル 1Fホール
(東京都品川区西五反田3-5-20)

→大きい地図を開く
無料 160人(先着順)

お申し込みはこちら

ページのトップへ
無料トライアル