Kii株式会社のmBaaS「Kii Cloud」が新機能を追加  新たにUnityに対応の他、各コンポーネントの機能を強化

2013年10月08日

150万インストールを超える「Unity」開発Platformに対応  ゲーム開発者が容易にソーシャルゲームを開発できる環境を提供

Kii株式会社(本社:東京都港区)は、モバイル向けクラウドサービス(mBaaS:モバイル・バックエンド・アズ・ア・サービス)「Kii Cloud」の機能を強化。新たに「Unity」開発プラットフォームへの対応をいたしました。

この対応により、ゲーム開発者はUnity C# スクリプトにKii CloudのUser ManagementやData Managementの機能を簡単に組み込むことができ、バックエンドサーバの知識がなくても簡単にソーシャルゲーム開発が可能になります。

また、新たに追加されたプッシュ機能や外部サーバとの連携機能の他、既存機能の拡充、開発コンソールの利便性も向上しました。

<Kii Cloud 新機能>

  • Unity開発プラットフォーム対応
    • ・クラウドベースのユーザー&データマネージメント機能
    • ・ユーザー利用状況の分析機能
    • ・「Kii to China」パッケージによる中国マーケットへの配信
  • Push Notification機能の追加
    • ・分析結果との連携も可能な高度なプッシュ機能の提供
    • ・AndroidおよびiOSプラットフォーム向けに提供
  • データマネージメント機能の拡充
    • ・GPSによる位置情報機能取得、およびストア
    • ・取得した位置情報をデータマネージメントのKey Valueとして利用可能
    • ・マルチポイント、クエリー機能等のリッチな位置情報関連機能の提供
  • サーバエクステンション機能の追加
    • ・サーバコードによるアプリ独自のプログラミング要求に対応
    • ・他サーバとの連携が容易に可能
  • コンソール機能の拡充
    • ・データブラウザー機能(ユーザーデータのトラック、編集機能)
    • ・コラボレーター機能(複数開発者による共同開発環境を提供)

各機能の詳細につきまして弊社WEBサイトをご覧ください。
「Kii Cloud」
http://www.kii.com/jp/technology

ページのトップへ
無料トライアル